アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「震災」のブログ記事

みんなの「震災」ブログ


ああ無情、といいたい

2011/04/27 08:14
ああ無情、といいたい

【仮設住宅入居「お盆までに」 首相表明 入居期間延長も(朝日4月26日)
http://www.asahi.com/politics/update/0426/TKY201104260422.html
菅直人首相は26日の衆院予算委員会で、東日本大震災の被災者向けの仮設住宅について「遅くともお盆の頃までに、希望者すべてに入っていただけるよう全力を挙げて努力する」と述べた。細川律夫厚生労働相は、最長2年とされている仮設住宅の入居期間を延長する方針を示した。
首相は、自民党の小野寺五典氏の質問に対して、被災地視察の際に「体育館に段ボールで仕切った中に家族でいて『もう限界だ。仮設住宅に入りたい』という切実な声を聞いた」と述べ、仮設建設を急ぐ必要があると強調した。
ただ、国土交通省幹部は「厳しい日程だ」と話す。国交省の目標は、必要とされる7万2千戸のうち、5月末までに3万戸を完成させること。残り4万2千戸の建設を進めるには、用地を確保できるかどうかが鍵だ。首相は「今後は用地の確保も相当なめどがつく。国有地も利用できるように財務省が手当てしている。できるだけ早く希望者すべてに入っていただきたい」と述べた。
一方、細川厚労相は、最長2年と定められている入居期間について「更新して、安心して住んでいただけるようにする」と述べ、延長する考えを示した。被災者が仮設住宅の完成を待たず、独自に民間住宅を契約して入居した場合についても、国が家賃などを負担する考えで、「県が借り受けたという形にでもして、支援する」と表明した。】


首相と小野寺議員のやりとりを、ニコ生の国会中継で見ていましたが、あまりにも非情な首相の発言ぶりだと感じました。
被災地選出の小野寺議員の切々たる訴えは、あるいは演技かもしれませんが、それでも現地の実情を伝えてあまりあるものでした。
それに対する首相の答弁は、自己弁護一辺倒。呆れてしまいます。
阪神淡路のときとは被害の規模が違う、というのは承知の上で、仮設入居時期が夏までかかるというのは、あまりにも非力な政府対応と思えます。
なにより、避難所での集団生活が長引く事で、被災者の健康状態やメンタル面での悪化が、当然心配となります。設備の不十分な避難所で、このまま梅雨入りすれば、ますます生活の状態が悪化するのは目に見えているからです。
せめて、連休明けまでとはいわないまでも、梅雨入り前に、ということはできないのでしょうか?
方法は、日本の国力を総動員すれば、なんとでもなるはずだと思うのです。ないのは、為政者の覚悟だけでしょう。
おそらく、この被災者への棄民とも思える国の冷たさは、末代までの恥となるに違いありません。
避難所生活が一日も早く解消されることを願ってやみません。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東北新幹線とJR西日本尼崎脱線事故

2011/04/26 07:11
東北新幹線とJR西日本尼崎脱線事故

【東北新幹線:東京−仙台、2回停電 復旧初日21本運休(毎日4月26日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110426ddm002040073000c.html
福島−仙台間で25日に運転を再開し、1カ月半ぶりに東京−仙台間を結んだ東北新幹線は、同日午後、2回にわたって新白河−白石蔵王間で停電するなどしたため、大きくダイヤが乱れた。JR東日本によると、上下線計21本が運休し、計22本に最大で3時間36分の遅れが出て、約1万3000人に影響した。
JR東日本は、この日に再開したばかりの福島市北矢野目付近(福島−白石蔵王間)で、架線の過剰な電流を防ぐ「保護線」と呼ばれる電線がたるんで下がり、架線と接触してショートしたのが原因とみて調べている。
最初の停電は同日午後1時28分ごろ発生し、東京−仙台間で同2時43分まで下り新幹線の運転を見合わせた。いったん再開したが同2時57分、同じ場所でまた停電が起き、同じ区間の上下新幹線の運転を同6時10分まで見合わせた。
さらに、復旧作業のため同7時21分から約30分間、福島−白石蔵王間の送電を停止し、郡山−白石蔵王間で運転を見合わせた。】


このニュースが、奇しくもJR西日本の尼崎脱線事故の慰霊の日と重なったのは、なにやら示唆的だと思います。
新幹線が早く運転再開してほしいのはもちろんですが、尼崎事故の教訓は、やはり安全第一ということではなかったでしょうか。
効率重視のあまり無理を重ねて、重大事故につながるよりも、少しペースダウンしてでも安全を優先してほしいと、私は思います。
尼崎事故のあと、しばらくは、JRの運転状況が多少遅れても、安全第一を優先してほしいという意見が多かったのですが、やがて事故の記憶が薄れるにつれて、数分の遅れにも舌打ちする姿がみられるようになっていきました。
今では、人身事故でダイヤが乱れることに対して、腹立たしげな態度をあからさまに表す人もいます。事故で(あるいは自殺で?)人が死んでいるのに、そのことよりも、効率の方が優先されそうになっている気がします。
震災の被災地の復興は、一日も早くというのが人情というものですが、ペースを急ぐあまり、事故を起こしていては元も子もありません。
新幹線も、どうか焦らず、万全の点検をしてから運転再開してほしいと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大阪人のみた震災後1ヵ月半後の東京

2011/04/22 21:51
大阪人のみた震災後1ヵ月半後の東京

写真の定点観測で比べてみました。
まず驚いたのは、東京駅で新幹線の改札を出た瞬間。
なるほど、確かに暗い!
でも、その印象は、すぐに目が慣れてしまい、気にならなくなりました。
ただ、表示看板の電気が消えていて、表示が読みにくい!
あと、駅のエスカレータ―が停まっていて、怪談激混みで危ない!将棋倒しになりそうなぐらい。
次に、新宿の街ですが、さほど変化は感じませんでした。
ただ、いつものように気温を確認しようとしたらダイキン看板の温度計が消えていていました。
歩道にすわって鳩といっしょに食事中?のおじさんもいて、和みました。
銀座は、百貨店の壁面照明が消えていて、確かに暗く感じました。それも、慣れると逆に、重厚な感じがしてむしろいいかも。外人観光客の姿もたくさん見かけました。
とまあ、駆け足でしたが、大阪人の目からみて、東京はしっかり元気な感じで安心しました。
そろそろ自粛ムードをやめて、しっかりと復興の気分を盛り上げていきましょう!
画像
画像
画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「そんな側近を選んだ者こそクビになればいい」

2011/04/16 08:58
「そんな側近を選んだ者こそクビになればいい」

http://www.asahi.com/politics/update/0415/TKY201104150431.html
「松本参与の更迭含め検討 枝野長官、「住めない」発言で」(朝日新聞4月15日)
枝野幸男官房長官は15日午後の記者会見で、菅直人首相が「福島第一原発周辺は10年、20年住めない」と語ったと説明した松本健一内閣官房参与について、更迭も含めて検討する考えを示した。松本参与は発言を撤回し、菅首相も否定しているが、被災地や与野党からの批判がやまないからだ。
これに先立ち、民主党の渡部恒三最高顧問は首相官邸で菅首相と面会後、松本参与について「そんな側近はクビにすればいい」と記者団に語った。渡部氏が首相に発言の真意を問いただしたところ、首相は改めて「そういう考えではない」と否定したという。渡部氏の発言について枝野氏は「重い指摘があることを踏まえた上で適切な対応をするべく検討しなければいけない」と述べた。】

この記事のように、「10年、20年住めない」発言をめぐって、首相は自分の発言を全否定し、スタッフに責任を押し付けました。
もし、そんなに信用のない人物なら、その人を参与に選んだ首相こそ、任命責任をとればどうでしょう?
どんな民間人を内閣スタッフに起用するかは、その内閣の責任だと思います。
その人物、松本氏は、学者/評論家として抜きん出た実績の持ち主です。面識はありませんが、そのお仕事については、以下のように、すぐれた本ばかりだと思っています。

http://www.amazon.co.jp/dp/4476033032/ref=ntt_at_ep_dpi_12
「村上春樹―都市小説から世界文学へ」松本健一

http://www.amazon.co.jp/dp/4022502312/ref=ntt_at_ep_dpi_2
「司馬遼太郎が発見した日本―『街道をゆく』を読み解く」松本健一

http://www.amazon.co.jp/dp/4061592149/ref=ntt_at_ep_dpi_2
「北一輝論」松本健一

特に、村上春樹や司馬遼太郎の研究では、私自身の専門分野の先輩として、尊敬しています。
政府に利用された挙句、不名誉な立場を押し付けられた松本氏に、同情を禁じ得ません。
私は、同業として、また同じ研究分野の先達として、松本氏を全面的に擁護します。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


船頭多くして…

2011/04/15 08:01
船頭多くして…

とにかく今の震災/原発事故への対応は、まさに船頭多くして、の典型だと思います。
写真のように、原発事故対応の記者会見を東電がやっている同時刻に、政府の会見もあり、別に保安院の会見がある。海外向けにはまた別にブリーフィング。そして今度は復興会議ですか(嘆)それぞれの発表が事前にすりあわせてあればまだわかりますが、齟齬が生じていてまたそこを突っ込まれ、ますます不信感を増大させているように感じます。
統合本部があるなら、そこで政府筋、東電関係者、保安院、とそろって会見し、質問内容に応じて担当が答えるようにすれば、指揮系統が統一されているようにみえると思います(実態はどうあれ)
少なくとも、国内メディア向けと海外メディア向けの会見を統一してやるぐらいのことは、すぐにできそうなものですが。
東電の会見も、毎日毎日、長時間に渡って不毛なやりとりの繰り返しが続く。
素人目にも、震災へも原発事故へも政府や関係機関の対応が混乱しているように見えてしまいます。
結局、国民の信用も、海外からの信頼も、トップがしっかりと意思決定をして、それぞれの担当が有機的に連携して動くことの繰り返しで得られるのだと思います。いくら「安全」という言葉を繰り返しても、言葉だけでは信頼を得ることはできないと思います。
画像
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


仙台フィルを応援します!

2011/04/09 10:12
仙台フィルを応援します!

【東日本大震災:本拠地被災し活動休止、仙台フィル招きコンサート−−東京で21日
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110404ddm012040099000c.html
 ◇「東北応援」
 東京在住のバイオリニスト、徳永二男さんら音楽家たちが、東日本大震災で活動休止を余儀なくされた仙台フィルハーモニー管弦楽団を招き21日、東京・サントリーホールで「東北応援チャリティ・コンサート〜仙台フィルとともに〜」を開く。同フィルが今後計画している「復興コンサート」の活動資金などに充てるという。
 同フィルは仙台市を本拠地にしていたが、演奏会場が被災したり避難所になるなど、演奏活動ができなくなり、無事だった団員は被災地でボランティア活動に力を注いでいた。徳永さんらは「被災者の方に何かしたいし、仙台フィルも助けたい。被災地に音楽を届けることに目的を定めたチャリティーをしたい」とコンサートを企画。収益の半分を復興コンサートの活動資金に、残りを日本赤十字社を通じて寄付する。
 復興コンサートは、同フィルの団員が被災地に出向いて演奏し、復興を精神的に支援する。時期や場所などは、被災地の状況に応じて計画するという。
 チャリティーコンサートでは広上淳一さん、山下一史さんの指揮で、堤剛さん(チェロ)、小山実稚恵さん(ピアノ)、新進の三浦文彰さん(バイオリン)らが出演、ベートーべン「交響曲第7番」などを演奏する。チケットは5000円。問い合わせは事務局(03・3560・3010)】

今日の朝のNHKニュースでも、神戸で仙台フィルの奏者を交えての支援コンサートがおこなわれたと報道されていました。
仙台フィルは、友人の山下一史さんが正指揮者をやっているので、何度か聴いたことがあるのですが、地味だけどとても意欲的な活動を行っているオケです。仙台という東北の歴史ある大都市にふさわしいオケとして、近年めきめきレベルアップしてきています。
特にすばらしいのが、「せんクラ」と呼ばれる「仙台クラシックフェスティバル」という音楽祭での活動だと思います。また、当地には仙台国際音楽コンクールという、若手の登竜門となりつつあるコンクールもあり、東北の地から世界に羽ばたく若き音楽家がこれからどんどん生まれてくるでしょう。
今回の震災に負けず、仙台フィルが前よりもっと素敵なオーケストラとして復活し、仙台がもっともっとすばらしい音楽の都となることを信じています。

仙台フィルHP
http://www.sendaiphil.jp/index.html

ニュース動画「東日本大震災、復興に向け」(仙台フィルの演奏)
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_2932/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


サー・サイモン・ラトルとダニエル・バレンボイムの日本救済募金コンサート

2011/03/30 08:07
サー・サイモン・ラトルとダニエル・バレンボイムの日本救済募金コンサート

今朝早朝、PCでベルリンフィルのデジタルコンサートホールの中継を観ていました。これは、ユニセフのチャリティ演奏会で、ダニエル・バレンボイムとベルリン・シュターツカペレが、チャイコフスキーの「交響曲第6番《悲愴》」を、サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルが、ブラームスの「交響曲第4番」を演奏しました。
ベルリンフィルのコンサートマスターになったばかりの樫本大進が、演奏後、ラトルとしっかりと抱き合う姿が印象的でした。

http://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/2896
2011年3月29日
ベルリン・シュターツカペレ, ダニエル・バレンボイム, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, サー・サイモン・ラトル
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
交響曲第6番《悲愴》
ベルリン・シュターツカペレ, ダニエル・バレンボイム(指揮)
ヨハネス・ブラームス
交響曲第4番
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, サー・サイモン・ラトル(指揮)

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団とベルリン・シュターツカペレは、すでに数限りなく日本に客演していますが、東北関東大震災を受けて、サー・サイモン・ラトルとダニエル・バレンボイムの指揮で救済募金コンサートを行うことになりました。
演奏会およびライブ配信の収益は、すべてユニセフ(国連児童基金)に寄付され、現地の子供たちに送られます。(財)日本ユニセフ協会専務理事の早水研氏によると、同協会は、被害を受けた東日本地域の子供たちに対する早急かつ効果的な援助を、現時点での最大の目標としています。両オーケストラの団員はこの意向に賛同し、ドイツから可能な手助けをさせていただきたいと考えています。
コンサートの前半では、ダニエル・バレンボイムとベルリン・シュターツカペレが、チャイコフスキーの「交響曲第6番《悲愴》」を演奏します。ベルリン・シュターツカペレは、1570年に設立されたドイツ最古の楽団のひとつで、コンサート活動の他、ベルリン国立歌劇場のオーケストラとして活躍しています。1992年からは、ダニエル・バレンボイムが音楽総監督を務めています。
コンサートの後半では、サー・サイモン・ラトルとベルリン・フィルが、ブラームスの「交響曲第4番」を演奏します。ベルリン・フィルは、1957年のヘルベルト・フォン・カラヤンとの初来日以来、日本の聴衆と深く結びついています。また2007年以降は、ユニセフの親善大使としても活動しています。
(ベルリンフィル/デジタルコンサートホールHPより)】
画像




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


総理!国民はとっくに分かち合ってます!

2011/03/26 07:43
総理!国民はとっくに分かち合ってます!


【首相「負担分かち合う姿勢で」

http://news24.jp/articles/2011/03/25/04179466.html
(2011年3月25日 日テレニュース)
東日本大震災から2週間がたったことを受けて、菅首相は25日夜に記者会見し、「社会全体が負担を分かち合う」とした上で、被災者に対して「勇気を奮って復興に向けて歩んでほしい」と呼びかけた。菅首相「震災に伴う負担を個人や個々の家庭だけに押し付けるのではなく、社会全体、国全体が負担を分かち合う姿勢で臨んで参りますので、どうか被災した方も勇気を奮って復興に向けて歩んでいただきたい。(福島第一原子力発電所の事故は)予断を許す状況には立ち至っていないという認識を持っております。引き続き、極めて高い緊張感を持って、一つ一つの事態にあたっていかなければならない」また、「今後も得られた情報は迅速に開示し、健康への影響についてもしっかり説明する姿勢で臨んでいきたい」と強調した。】


笑止千万な会見だったとしかいえませんね。
国民はとっくに(震災当初から)分かち合う姿勢をみせています。
外国も、できる限りの支援をしてくれています。
分かち合おうとせず、ひたすら権力に固執して、事態をますます悪化させているのは現政権のあなたがただけでしょう。
皇居で自主的な計画停電をなさったり、東日本大地震の被災者に那須御用邸内の入浴施設を開放し、御料牧場で生産した食品を提供なさる天皇皇后両陛下のお心を、総理には少しでも見習っていただきたいものです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もっとたくさん生きているのでは?

2011/03/21 07:25
もっとたくさん生きているのでは?

【東日本大震災:ヨーグルトでしのぎ 9日ぶり生還の2人
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110321k0000m040056000c.html
(毎日新聞 2011年3月20日)
孫は動けない祖母を守り続け、9日間耐え抜いた。東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県石巻市で20日、217時間ぶりに救出された高校1年、阿部任(じん)さん(16)と祖母寿美(すみ)さん(80)。2人は倒壊した自宅の冷蔵庫にあった水やヨーグルトなどを口にして助けを待った。救助された時、寿美さんは救急隊員の励ましに何度もうなずき、「孫はどこ?」と任さんを気遣った。助け出した警察官らの泥まみれの顔に涙が伝った。】

 

このニュース、ほんとに感動!
もしまだこのように閉じこめられて生きている人が大勢いるなら、政府のするべきことは一刻も早く、もっとたくさんの救援隊を向けることだと思います。
この1週間、政府の右往左往ぶりは、いくらなんでもあんまりだと感じます。
すでに、災害救助の72時間の壁をとっくにすぎているからといって、あきらめてはいけないのではないでしょうか?
すでに、震災「復興」の話や、今後の経済のことなどが語られていますが、今このときも、まだ閉じこめられている人がいるかもしれない、と思うと、もどかしくてなりません。
ついつい情緒的な反応をしてしまいますが、報道をみるかぎり、原発事故のことと、首都圏の計画停電のこと、日本経済の復興のことにばかり目がいっているように思えます。
まだ民間のボランティアや企業活動が現地に入る事のできない段階だというならば、国家が非常事態宣言でも何でもして、外国の力でも何でも借りて、とにかく人々を救えるように動いてほしいのです。
この時期、首相が被災地に向かうなど、一体なにを勘違いしているのでしょう?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


自然の巨大さに対して謙虚な気持になります

2011/03/15 07:59
自然の巨大さに対して謙虚な気持になります

【東日本大地震で自転速度上がる〜NASA
http://www.news24.jp/articles/2011/03/14/10178246.html
(2011年3月14日 日テレニュース)
NASA(=アメリカ航空宇宙局)のリチャード・グロス博士は13日、東日本大地震によって、地球が自転する速度(=一日の長さ)が100万分の1.8秒短くなったとする分析を発表した。
地元メディアなどが報じたもので、大地震によって地球内部の質量の分布に変化が生じたため、地球が回転するスピードが速まったという。
これが事実なら、1522年後にマイナス1秒の「うるう秒」を設ける必要が出てくる。】


今回の地震は地球の自転を早めてしまうぐらい、巨大な力だったのですね。
このようなスケールの違う自然の大きさに対して、思わず畏怖を感じます。
普段の生活ではあまり意識していない自然に対する畏れというものを、改めて覚えました。
人間は、自然に対して思い上がってはいけないのだと感じます。
でも、それでも人間の叡智は、自然災害に対して立ち向かう力を持っていると信じます。
むしろ、この震災について痛切に感じるのは、人間の思い上がりによって引き起こされる「人災」のひどさです。
特に、上に立つ人間の思い上がりは、社会全体におそるべき被害をもたらすということです。
まだまだ被災は拡大しそうですが、謙虚に、そして勇気を出して、今日も自分のなすべきことをやろうと思います。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「震災」ブログ

土居豊&浦澄彬/小説とエッセイの部屋 震災のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる